ネットの誹謗中傷を訴えることはできる?

ネットの誹謗中傷を訴えることはできる?

フィクションの作品ではインターネット空間は現実世界の法律が適応されない、まるでアンダーグラウンド一色の世界だと言われていますが、リアルのネット空間は正反対です。

特に最近では現実の社会とほぼ同じ扱いになって来ており、例えばネット上で特定の個人や組織を執拗に誹謗中傷し続けた場合は、刑事罰や民事訴訟の対象となります。

ネットの誹謗中傷は、被害者が泣き寝入りを強いられる、確かに過去にはこういった事例がありましたが、今では専門家に協力を要請する事で、ほぼ百パーセント近い確率で誹謗中傷の犯人を特定し、その人物を訴える事が可能です。

民事訴訟、刑事訴訟の両方で訴える事が出来るため、臨機応変な対処が進められます。

ネットでの誹謗中傷を訴えるにはまず何をしたらいいのか

ネットでの誹謗中傷を訴えるにはまず何をしたらいいのか

日本では、インターネット上で誹謗中傷されて困っている人が急増しています。インターネット上に書き込まれた情報は、すぐに拡散されてしまうので、情報の内容によっては大きなダメージを受けて仕事や生活に支障が出る人も少なくありません。

インターネット上で誹謗中傷されて被害を受けた場合、書き込みをした相手を訴えることができます。ただ、訴えるには証拠が必要となります。訴えるための第一歩が、加害者の特定です。加害者の特定は、IPアドレスが手掛かりです。

インターネット接続は、接続したパソコンのIPアドレスがアクセス先に表示されるので、書き込まれた時間に残されているIPアドレスとプロバイダーが発行したIPアドレスを照合することで、書き込んだパソコンの持ち主情報が特定できるのです。

加害者を特定するためには、開示請求が必要となるため、専門家に相談する人が多いです。

ネットで誹謗中傷を書かれたとき、犯人は特定できる?

ネットで誹謗中傷を書かれたとき、犯人は特定できる?

インターネットを使用する際には、そのルーターやパソコンなどに設定されているインターネット上の住所のようなものが存在します。それがIPアドレスと言われるものです。

IPアドレスは振り分けているプロバイダが存在するため、その記録から誰が使用したかというのを特定することができます。

例えニックネームや偽名で誹謗中傷を行っていたとしても、プロバイダが持っている契約情報を調べれば個人情報を獲得することができます。

しかし個人情報の開示は事件に発展していて弁護士や警察などが関わった場合のみ可能です。そのため犯人の特定をしたいという個人的な思いだけでは開示してもらえません。

したがって、犯人の特定を行いたいのであれば、まずは専門の機関に相談しなければならないのです。