ネットで誹謗中傷されたらどうすればいいの?

ネットで誹謗中傷されたらどうすればいいの?

ネットでの誹謗や中傷というのは、リアルのように相手が見えないとしても侮辱罪や名誉毀損罪など、立派な罪に問われます。

しかし、こうしたネットでの誹謗や中傷は数が多すぎるので、殺人予告など明らかに程度が重い場合や悪質なものでない限り、一つ一つ取り締まることは不可能です。

ただ、当該書き込みやメッセージをそのまま残されるのも気分が悪いので、それに関しては消してもらうことが出来ます。

一番早いのは、そこのネット掲示板やサイトを管理している管理人へ依頼することです。もし依頼に応じてくれない場合には、国や地方自治体のネット管理を行う組織や消費者センターへ相談します。

そこから間接的に管理人のもとへ削除依頼が行くと、当該管理人は削除する義務を負うため、確実に消すことが可能です。

ネットの誹謗中傷対策にはどんな方法があるの?

ネットの誹謗中傷対策にはどんな方法があるの?

ネット上で誹謗中傷されると、その情報は一瞬にして世界中に拡散してしまいます。

ですから、もし個人情報も一緒に拡散されてしまった場合、被害者が受けるダメージはかなり大きくなってしまいます。

ネット上で誹謗中傷をされた場合、専門家に依頼して、一刻も早く誹謗中傷を止めさせることが大事です。

プロバイダ責任制限法によって、発信者情報の開示を請求できるので、まずは加害者の情報を開示してもらう必要があります。

誹謗中傷対策としては、加害者を特定する情報の開示請求を行い、加害者が特定されたら、損害賠償請求をしたり、名誉棄損で訴えるなどの行動を起こします。

開示請求の手続きは煩雑なので、インターネットトラブルに強い弁護士に相談する人が多いです。

また、最近では誹謗中傷と検索すると検索予測に出る会社などがありますが、大体が誹謗中傷を専門にしている会社なので専門の会社に頼むのも良いでしょう。

誹謗中傷の対策をしてくれるおすすめの会社は?

誹謗中傷の対策をしてくれるおすすめの会社は?

誹謗中傷対策の会社選びとしては、まず費用を重視する方もいますが、重要なことは金額よりも内容となります。そちらを検討した上でおすすめの会社は様々あります。

誹謗中傷を含まれないようにする対策や逆SEO対策の他にも誹謗中傷のサイトが再び出現しないかを自動監視ツールで365日監視するサービスも行われていたりします。

質の良いサービス内容の他にも、費用も安く利用することができる会社もたくさんあるため、費用を抑えたいという方はインターネットの力を使って誹謗中傷対策や誹謗中傷削除要望などで検索する事をお勧めします。

利用する前にも無料で診断を行うことができる会社もあるため、まずは無料診断を利用してみるというのも良いでしょう。

または、Yahoo!のサジェスト機能を使い、誹謗中傷と打ち、スペースを押すと会社名が出てくる場合もありますので、その様な所に力を入れている会社はネットの事も詳しく専門的な誹謗中傷削除などの知識も持っている筈です。