ネットでの誹謗中傷にはどのようなものがある?

ネットでの誹謗中傷にはどのようなものがある?

インターネットはここ数年であっという間に大衆に広がったメディアです。

正直なところ、ネットリテラシーを十分に理解していないライトユーザー層が多くなったため、ネットを巡るトラブルが昨今多発しています。

その中でもネット上で繰り広げられる誹謗中傷が深刻化しています。

ネットでの誹謗中傷トラブルにはどういったケースがあるのでしょうか。まず最も多いのは特定個人を誹謗中傷する掲示板やブログの書き込みです。

私念を秘密裏に晴らすため、あるいは単なる憂さ晴らしとして、特定の個人に関する根も葉もない噂を投稿するユーザーが増えてきました。

次によくある誹謗中傷の事例ですが、特定の店舗や企業を名指しして攻撃するケースであり、いわゆるクレーマー的なコメントを繰り返すのが特徴です。

ネットの誹謗中傷削除を弁護士に依頼すると相場はどのくらい?

ネットの誹謗中傷削除を弁護士に依頼すると相場はどのくらい?

ネットの掲示板等で中傷や誹謗の内容が書かれた場合、個人で何とかするのは大変困難です。

そこで誹謗中傷を専門にしている会社に依頼して誹謗・中小を削除してもらう方法が1番確実になります。また、弁護士を依頼して削除するにはどれぐらいの金額がかかるか気になる人も多いはずです。

結論的に言えば弁護士事務所によってネットの誹謗中傷削除の費用の相場は変わってきますが、着手金が20万円位、報酬金が15万円位と考えておけばよいでしょう。

弁護士に頼む場合は合計で30万円代になるケースが多い傾向です。このように割と高額になるのは、サイト管理者に情報開示を請求するからです。

それに応じてくれない場合、サイト管理者に対して情報開示の仮処分を申し立てます。プロバイダーが特定したときに犯人の住所や氏名を開示請求することもありますので、それなりの手間ひまがかかってしまうのが現実です。

その為、誹謗中傷を専門にしている会社に依頼をした方が安上がり、かつ確実に削除を行う事が出来るかもしれません。

弁護士に依頼する以外でネットの誹謗中傷を削除するには?

弁護士に依頼する以外でネットの誹謗中傷を削除するには?

ネットの誹謗中傷や法的に問題がある書き込みを削除するには、弁護士に依頼する以外にも方法があります。

誹謗中傷の書き込みをプリントアウトするなどして、書かれた内容をURLと一緒に証拠として保存します。

掲示板には、必ずその掲示板を管理する管理者へ連絡できる「フォーム」や「お問い合わせ」があるので、それを利用してフォームがある場合は、必要事項を記入していきます。

掲示板によっては削除依頼専用の窓口を持っているものもあるので、被害の状況をできるだけ詳しく書き込みましょう。

その際に、個人情報は必ずしも記入しなくてもよいですが、真面目な依頼であることをわかってもらうために、自分の立場や削除依頼をする理由等はきちんと書き込むようにしましょう。

もしもサイト上に連絡先が見つからない場合は、「送信防止措置依頼書」掲示板を運営している会社やホスティングプロバイダ-に送付してください。

それでも削除が不可能な場合は誹謗中傷を専門にしている会社に依頼をした方が良いでしょう。